長谷雄堂トップ取扱分野商品一覧新蒐品店舗案内買取・取引概要
▼タイトルクリックで画像もごらんになれます。
2018年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<<BACK NEXT>>

疵モノ頌 参
2018/02/01の日記
最後は刷毛目盃。
見込みは白土一色なのですが、外側は「ちょろり」としか掛けていません。
その上から透明釉はしっかり掛けているので剥離感やカセなどはなく安定しているのですが…。

ちょっと変わった感じの盃ですね。

しかし今はこれがお気に入り。
古物馴れした馴染みの酒舖でも「まぁ、これは…
続きを読む
疵モノ頌 弐
2018/01/29の日記

「斑の筒」と云えば酒徒垂涎のひと品ですがこれも疵モノです。
しかし、疵のない「ホンモノ」なんてどれくらい巷間に残っておるものなのでしょうか?

怖くて手が出せません。

唐津筒盃 帆柱 桃山〜江戸初 箱
55万円


疵モノ頌 壱
2018/01/27の日記

ここ数年お客さんにも同業にも「やっぱり疵モノはいやですよね〜」
なんて言っていたのだが、どういうわけか宗旨替え。
疵に対しての抵抗もなくなっている。

結構声を大に「疵モノもうお腹いっぱい論」を展開していたので恥ずかしいが仕方がない。
ヒラキナオリデス。

志野の隅切皿。
柳文の…
続きを読む
東博散歩
2018/01/21の日記

日曜日、東博の仁和寺展を一人見る。
観終わりなんとなく歩きたくなる。
寛永寺開山堂との横道を鶯谷に向かい、入谷を越えて浅草、吉原大門まで来てしまった。
途中、竜泉を過ぎたところで「飛不動」。ここは初めて。
そのままテクテク山谷の大林酒場まで。
満たされぬ小さな不満を抱えての散策に冬の下…
続きを読む